定員が同じ小型バスとマイクロバスで貸切バスの料金は異なるの?

小型バスとマイクロバスの料金は同じ

自分たちでオリジナルの旅行ルートをつくることができるのが貸し切りバスの魅力です。貸し切りバスのうち、比較的少人数のグループによく利用されるのが小型バスとマイクロバスですが、定員が同じである場合、小型バスとマイクロバスでは利用料金に差はあるのでしょうか。
結論からいうと利用料金に差はありません。ただ、小型バスとマイクロバスに関する製造状況の違いから最終的な出費が異なってくることはあります。
まず、国土交通省の貸切バス運賃・料金の価格区分には大型、中型、小型バスの区分しかありません。小型バスもマイクロバスも大きさはほぼ同じなので料金は同じになります。また、高速料金や駐車料金についても同じ区分に入ることから、実際にバスにかかる料金も変わらないということがいえます。

小型バスとマイクロバスの費用を変える要因

では、小型バスとマイクロバスの最終的な出費に違いを発生させる要因とはなんでしょう。
それは小型バスの製造が現在ほとんどされておらず、小型バスをもっているバス会社がとても少ないということなのです。小型バスをもつ会社が少ないということは、たまたま近くに小型バスを所有している会社が見つからない限り、遠方からバスを配車しなければならず、この分の費用がマイクロバスに比べて高くなってしまう可能性があります。
ただ、小型バスにはテレビや冷蔵庫などの付属設備がついており、小さいながらもトランクがあるというマイクロバスにはない魅力があります。
マイクロバスのシンプルな手軽さを選ぶか、小型バスの快適さを選ぶか、自分たちの旅の優先順位や乗客の身体状況などから判断するとよいでしょう。